豊胸手術で魅力的なバストを手に入れる

選べる豊胸手術

 美容外科では、胸を大きくするための豊胸手術も行われています。豊胸手術の種類は、初めての方が施術する場合には、一般的に大きく分けて3種類があります。人工乳腺法・ヒアルロン酸注入豊胸法・脂肪注入豊胸法です。

 メスや全身麻酔が怖いという方には、シリコンジェルパックを注射器で注入するヒアルロン酸注入豊胸法がいいのではないでしょうか。これは、局所麻酔でできる施術となっていて、ヒアルロン酸を注射器でボリュームを増やしたいところへピンポイントで注入できる施術法です。
 徐々に体内に吸収されるので、施術後も度々注入する必要がありますが、美容外科の施術メニューとしては比較的お手軽なものになります。料金も施術にかかる時間も控えめな設定です。他の人工乳腺法や脂肪注入豊胸法などもそれぞれ特徴がありますので、次の記事でも解説しています。

 それから、一度豊胸手術を受けた方には、定期的な健康診断をしている美容外科が多くあります。術後の不具合がないか、しっかりとサポートしてもらえれば安心です。また、施術した方は、乳がん検診も美容外科で受けることができます。美容外科の知識の少ない医師が乳がん検診を担当した場合、胸部へ入れた人工乳腺を異物だと診断してしまう可能性もありますので、事情を承知している美容外科で乳がん検診が受けられることは理想の形ではないでしょうか。

 このように、豊胸手術には種類がありそれぞれの特徴が異なります。次の記事では、この手術の内容について詳しく紹介していきます。